ごみ箱から消してもデータ復旧できるアプリケーション

大事なファイルを削除してしまい後悔したことはないだろうか。複数のいらないファイルを一度に削除するときに、まちがって必要なものまで一緒に選択しそのまま削除ということは誰でも一度は経験があると思う。たいていの場合はここで気付いて、ごみ箱から元の場所に戻すのだが、急いでいたりファイルが大量にあって、必要なファイルが入っていることに気付かずごみ箱を空にしてしまうこともあるだろう。こうなっては通常データ復旧はできない。しかし、ごみ箱から削除してすぐにデータがなくなるわけではないのだ。パソコン上、使わないという状態にされているだけで残っているのだ。もちろん、OSにその機能はないが、専用のアプリケーションを使えば、その状態からもデータを復旧することができる。ただし、そのファイルの部分に上書きやフォーマットされると復旧は難しくなるし、自分で書き込まなくともOSは見えないところで自動で設定記録したりしているので、復旧はできるだけ早く行った方がいいだろう。データ復旧アプリケーションは無料のものもあるが、ほとんどの場合有料の方が精度が高いし、無料では発見しかできない場合もある。まずは、無料で試して必要なら有料のものを使うのが賢いやり方だろう。

大切な写真をうっかり削除、そんな時はデータ復旧アプリケーション

仕事の書類や家族や友人と撮影した思い出の写真。昔は紙媒体だったこれらも今ではすっかりデジタル化され、とても便利になりました。しかしこれらのデータに付き物といえるのが「うっかり削除」です。これらが紙であった時代はうっかりゴミ箱に捨てしまってもごみ箱から拾い上げればよかったのですが、データは一度削除してしまうと跡形もなく消えてしまいます。PC内のデータやデジカメ内のファイルを間違って削除してしまったような経験は誰にでも一度はあるのではないでしょうか。そんな時に活躍するのがデータ復旧アプリケーションです。すでにこれに助けられた方も多いかと思いますが、その存在を知らずにうっかり削除で途方にくれていた方もまた多いのではないでしょうか。WindowsなどのOS上でファイルを削除しさらにゴミ箱を空にすると、ファイルは消えてしまいドライブの空き容量も増加します。こうなるとファイルのデータは完全に消失したと思ってしまっても仕方ありません。でも実はHDD上から完全にデータが消えてしまったわけではなく、見かけは消えたようになっていてもHDD上にまだデータは存在しているのです。この存在はしているのに見えなくなっているだけのデータを再び見えるようにするのが、データ復旧アプリケーションなのです。ただしこの復旧も100%というわけではありません。見かけ上見えなくなっているデータの上に新しいデータが上書きされてしまうと、今度こそ復旧することができなくなってしまいます。もし間違ってデータを削除してしまった場合、ほかのデータに上書きされてしまう前に迅速に復旧することが必要です。削除から復旧までの時間が短いほど、復旧率は格段に高くなります。大切な書類や写真、間違って削除しないのが一番ですが、そこは備えあれば憂いなし。復旧アプリケーションを1本インストールしておくといざというとき慌てずにすむのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*