アプリケーションにおけるデータ復旧

情報技術が発展した現在、様々な会社、業種で業務アプリケーションのシステム化が通常となっています。業務アプリを運用していく上で大事なのがデータのバックアップ体制です。データのバックアップ体制が整っていないと万が一のことがあった場合に、データ復旧ができなくて大変な状況に陥ってしまうはずです。システムを運用、保守していく上でシステムが正常に動作することも大切ですが、万が一に備えていつでもデータ復旧ができる状況でシステムを運用していくことが重要なのです。データを復旧しなければならない状況としては、業務アプリケーションにバグが潜んでいて、計算処理結果が間違ったままデータに反映された状態が発生し、それに気づかず業務が進んで行った場合、データは間違った状態で格納された状態となります。バグに気付いて、アプリケーションのバグを解消し計算処理をやり直す場合、その計算処理の前までデータを戻す必要がでてきます。その為には、日々データをバックアップし、いつでもデータ復旧できる状態にしておく必要があるのです。またハードの故障によりデータが消失してしう事も考えられるので、サーバーにデータをバックアップしておく必要があります。このように業務アプリを運用していくためには、データの復旧を考慮したシステムにしておくことが重要なのです。

データ復旧を可能にするアプリケーション

西暦2000年前後を挟んで、パソコンのデータ復旧とサービスが脚光を浴び始めたように思う。パソコンのデータ復旧と一口に言っても、その種類は多い。データーが失われた原因、症状によって対応方法も違ってくるからだ。理論的には、たとえばHDDの場合なら磁気データさえ無事なら本体にドリルで穴をあけられていてもある程度の回復が可能である。しかし現実的に考えれば、そこまで破壊されたHDDのデータは諦めるべきである。また、一般的な物理障害の場合でも、素人仕事で修復できる可能性はあるが、業者に依頼するのが現実的であろう。基本的に、データの復旧は専門家にまかせるのが良いのである。が、しかし、論理障害に関して言えば復旧アプリケーションを利用することでなんとかなることが多い。たんにゴミがから削除してしまった程度のトラブルなら、無料で優秀なツールが出回っている。また、強い論理障害であっても専用アプリケーションを利用することで回復する。もちろん100%回復するわけではない。論理障害の度合い、さらにトラブルがあったあとの対応等でも回復できる確率、量は変わってくる。しかし、失われたデータを回復できる可能性はあるのだ。それも100%ではなくとも、かなりの量をサルベージできるはずである。現在の大容量HDDの場合、むしろサルベージしたあとの必要なファイルと不要なファイルの選別作業こそ手間かもしれない。もっともこれに関しても、アプリケーションによっては便利な支援ツールが組み込まれていることがあるので利用してみると良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*