パソコンの中に入っているデータを間違って消してしまったり、あったはずのデータが消えてしまった際に使用するのが、データ復旧のアプリケーションになりますが、最近では沢山の種類のアプリケーションが販売されており、データ復旧ソフトによって、性能は様々です。実際使用してみて、復旧できない場合も多数ありますが、最近の復旧ソフトはほとんど体験版が配布されています。インターネット上で配布されていたり家電量販店に体験版の無料CDが置いてあったりと配布状況は様々ですが、実際体験版では復旧できるか否かの判別まで行うことができます実際復旧させるためには正規版を購入しないと復旧できないのですが、実際買ってみたけど復旧できなかった、などといった無駄な出費をしなくていいためにも一度体験版を使用してみるのが一番オススメです。ただし気をつけないと行けないのが、間違って消してしまったデータを復旧させるためには、復旧ソフトをインストールするのですが実際、復旧させるデータが入ってたドライブとは別のドライブにインストールする必要があります。間違って同じドライブ上にインストールしてしまった場合、誤って消してしまったデータの上にインストールしてしまう場合があり、その場合は全く復旧できなくなってします。

データ復旧のアプリケーションを使う時のポイント

誰でも一度や二度は、間違ってデータを削除してしまったことがあるでしょう。普通の手順で削除した場合はすぐには削除されず、ゴミ箱に残っているので、そこからデータ復旧が行えます。しかし、ゴミ箱を空にしたり、ゴミ箱を経由せずに削除した場合は、簡単には復元できません。それには専用のアプリケーションが必要となります。このデータ復旧アプリケーションは、どんな物でも復元できる訳ではありません。復旧の確率を上げるにはいくつかのポイントがあります。一つは削除してすぐに復旧することです。すぐとは言っても時間的なものではなく、他の操作を極力しないうちにと言う意味です。ハードディスクに何かを書き込むような作業をすると復元できる確率が下がっていきます。データ復旧が必要になって初めてアプリケーションを探すこともあるでしょうが、このとき、インストール作業はしてはいけません。ほとんどの製品はCDから起動できるようになっていますので、直接起動します。フリーのソフトをダウンロードするのであれば、ダウンロード先はUSBメモリなどにします。たくさんのソフトを起動しているとメモリ不足になり、メモリの一部をハードディスクに書き出す場合もあります。そうならないためには、余計なソフトは終了しておくのもポイントです。